成功する歯科補綴物の設計製作を強力にサポートする歯科技工所DENTIC
有床義歯(鋳造床)専門ラボDENTIC(福岡県久留米市)
 
歯科技工所DENTICホーム
歯科技工所DENTIC事業紹介
歯科技工所DENTIC咬合療法
歯科技工所DENTICサービス
義歯症例紹介
歯科技工所DENTICリンク
歯科技工所DENTICブログ
歯科技工所DENTICお問い合わせ
 
歯科技工所DENTICトピックス
2012/03/20
高機能義歯専門サテライトサイトを開設しました。
2012/01/18
ノンクラスプデンチャーの画像を追加掲載しました。
義歯症例紹介
サービス紹介
2008/01/14
義歯症例紹介ページをアップしました。
2007/09/27
論文「総義歯の臨床から日本人の起源についての一考察」を試験公開しました。お気軽にご意見をお寄せください。
2007/05/16
「歯科Q&A掲示板」を設置しました。お気軽にご利用ください。
●ログインID:bbsuser
●パスワード:fTXeygc3
2006/09/05
リンク数件追加
2005/11/05
DENTICウェブサイトOPENです。どうぞよろしくお願いします。
 
新進気鋭の歯科技術者集団DENTIC率いる「くじら」こと、大石耕史のごく私的な日記・くじら通信ブログ
 
歯科Q&A掲示板
 
論文/総義歯の臨床から日本人の起源についての一考察
*お気軽にご意見をお寄せ下さい。
 
 

Now Loading...

 

咬合療法専門ラボラトリー  高機能義歯のDENTIC

歯科技工所DENTICのホームページにようこそ。
DENTICは金属床義歯、有床義歯(鋳造床)専門ラボラトリーとして、2004年4月に福岡県久留米市に生まれました。
進化するこれからの歯科界で、成功する歯科補綴物を製作、提供致します。
ご依頼は全国から承っております。お問い合わせはこちら
 
 
 
 
金属床義歯専門ラボラトリーDENTIC主催者 大石耕史プロフィール
 1967.04 佐賀県鳥栖市に生まれる 奈良県生駒市にて幼少時代を過ごす
 1988.03 鳥栖歯科専門学校(現 九州医療福祉アカデミー学園)を卒業
 1988.04 福岡市百道浜 相互デンタルサービス九州に入社
 1991.10 佐賀県北波多村 O.Kラボセンター入社
 1997.10 佐賀県鳥栖市にて 大石総義歯設計事務所 開設
 2001.03 早稲田歯科技工トレーニングセンター九州校
デンチャークラス設立に参画
初代所長/インストラクターを勤める
 2002.04 早稲田歯科技工トレーニングセンター東京校
デンチャークラス設立に参画
初代所長/インストラクターを勤める
 2003.03 「もとむら歯科」院長 本村 恒子と結婚 以後、久留米市に住む
 2004.04 久留米市内にて自由診療専門ラボラトリーを開設
 2007.03 筒井塾 咬合療法コース インストラクター就任
   
[特技]
○全身と咬合のかかわりを視野にいれた歯科補綴物製作
○構造設計のなされたキャストパーシャルデンチャーの設計/製作
○包括的歯科臨床における機能的咬合面形態を与えた歯冠修復物製作
 
金属床義歯専門ラボラトリーDENTIC主催者 大石耕史
 Koji Oishi
DENTIC主催者の「くじら」こと、大石耕史です。どうぞよろしくお願いします!!
 
歯科医師の声
 
福岡県久留米市 もとむら歯科院長 大石 恒子   福岡県久留米市 もとむら歯科
院長 大石 恒子
DENTIC製義歯のおすすめ
主人とはここ5年ほど組んで仕事をしています。
まずおすすめは総義歯です。適切なボーダー、絶妙な配列で、吸収の著しい、フラビーの患者さんの顎提でも食いつくように吸着します。下顎もどうしても安定しなかった症例が、吸着して噛めるようになった事が何度もあります。患者さんの反応がすごいです。
「いままでの義歯とぜんぜんちがう。こんなになじむ義歯は初めてだ!」
「20年ぶりにたくわんが食べられた」
「まわりの人から急に若返ったと言われた」等々。
ただし義歯を入れた後リモデリングするので、旧義歯の咬合をかなりつめておくか、プロビジョナルデンチャーを作ることをお奨めします。
いずれのケースにしてもDENTICの咬合堤は独特ですので、総義歯で何症例か経験を積んだ後、パーシャルデンチャー、鋳造床義歯(金属床義歯)、粘弾性義歯などに進まれるといいです。
矯正装置、各種スプリントもおすすめ。抜群の適合と安定性です。
模型の計測はとても役立ちます。臨床で下顎のリラックスポジションを探すときに、本当にこの位置でいいのかと迷うことがありますが、そのときの咬合採得の参考になります。また、現在の下顎の位置と、リモデリング後の方向性と程度の予測ができますので、ぜひ一度やってみて下さい。
 
患者様の笑顔
 
患者様の笑顔   低い咬合高径の義歯が入っていました。そのためか食いしばりのくせがあり、痛くて噛む事ができません。
そこで、先生が旧義歯を改造して少しづつ咬合を上げて安定したところで新義歯制作に移りました。上顎に総義歯、下顎に部分床義歯がセットされたところです。
最高の笑顔で応えてくれました。
 
患者様の笑顔   上顎前歯部すごいフラビーガム、下顎顎底陥没状態。典型的な難症例です。上下、粘弾性義歯、臼歯にはクアトロブレードティースを使いました。
固いもの、柔らかいもの、何でもバリバリ食べられるようになりました。
 
 
ページTOPへ
 

| 高機能義歯/高機能デンチャー専門ラボDENTICホーム |
事業紹介咬合療法サービス義歯症例紹介 | リンク | ブログお問い合わせ |

 
Copyright (C) 2005 DENTIC All Rights Reserved.