成功する歯科補綴物の設計製作を強力にサポートする歯科技工所DENTIC
有床義歯(鋳造床)専門ラボDENTIC
 
歯科技工所DENTICホーム
歯科技工所DENTIC事業紹介
歯科技工所DENTIC咬合療法
歯科技工所DENTICサービス
義歯症例紹介
歯科技工所DENTICリンク
歯科技工所DENTICブログ
歯科技工所DENTICお問い合わせ
 
新進気鋭の歯科技術者集団DENTIC率いる「くじら」こと、大石耕史のごく私的な日記・くじら通信ブログ
 
歯科Q&A掲示板
 
論文/総義歯の臨床から日本人の起源についての一考察
*お気軽にご意見をお寄せ下さい。
 
HOME > サービス紹介
 

歯科技工所DENTIC/サービス紹介

 
DENTICサービスについての詳しい解説
 
 
有床義歯(金属床義歯)
世界最高の適合性を誇る
Palajet System
  当社の有床義歯(金属床義歯)はすべて(粘弾性義歯を除く)世界最高の適合性を誇るPalajet System(Heraus Kulzer/ドイツ)により、ひとつひとつ丁寧に造られます。究極の製品をご賞味ください。

生体親和性に優れた特質を備えたバイオマテリアルデンチャー
金属アレルギー対策として高い生体親和性を誇る白金加金合金(山本貴金属/B.I.YELLOW)で超精密鋳造床をご提供致します。独自熱処理加工システムにより完璧な適合性を実現致しました。自然な味覚を取り戻すことが可能な最高品質の金属床義歯です。

経済性に優れた鋳造床義歯(金属床義歯)の製作
貴金属鋳造床には手が出ないが良質な鋳造床義歯を求める患者さんにおすすめ致します。高弾性コバルトクローム合金Biosil l (DeguDent/ドイツ)を使用し、川島哲先生考案の構造設計を行う事により薄さと強さを兼ね備えた究極の金属床義歯が誕生致します。その張り付くような適合性がもたらす舌感には義歯を入れていることを忘れてしまうおそれさえあります。

何でも噛める高精度 + 高機能義歯の製作(レジン床)
常温重合床用レジンであるPala X press(Heraus Kulzer/ドイツ)は加熱重合型レジン重合時において生じる熱による膨張、収縮が極めて少なく、経時変形もほとんど起こらない理想的な床用材料です。高品位陶歯Vivoperl PE Orthotyp(ivoclarvivodent/リヒテンシュタイン)との組み合わせで、上下総義歯の患者さんにおすすめ致します。氷でも噛み砕くことができます。

見えない義歯-ノンクラスプデンチャー
義歯といえども、審美にこだわる患者さまが増えています。
クラスプ(銀色のバネ)を見えなくしてほしいとの願いに応え、製品化に成功しました。 修理の効かない従来の素材とは、一線を画す当社独自のノンクラスプ金属床義歯をお勧めさせていただきます。

顎堤にやさしい生体親和性シリコーンデンチャー
顎堤粘膜下に尖った歯槽骨があり、なかなか痛みがとれない患者さまがおられます。
そのような際は、歯床内面レジンを一層はぎ取り、一月ほどの時間をかけて、ビスコゲル等の粘膜調整材にて、機能時における義歯床内面印象を採って頂きます。 これを精密生体親和性シリコーンに置き換えることにより、噛み締めても痛く無いシリコーン裏装デンチャーが出来上がります。

プロビショナルデンチャーの製作
ファイナルの義歯が最高の機能を発揮するには、まず現在の咬合状態を把握し最終的に戻ってくるであろう顎位をいかにチェアサイドにて詰めて行くかに懸かっていると言っても過言ではありません。咬合高径の異常な低下、前後左右への顎偏位、咬合平面の乱れなどが観られる患者さんにはまずプロビショナルデンチャーで口腔内環境を整えてから次のステップに移ります。
 
 
 
 
全 般
模型計測技法
  計測による規格模型製作と咬合(顎位)状態の審査/診断
市波治人先生考案の模型計測技法はシンプルかつ有効な顎位診断法です。上下顎堤模型から基準点と仮想咬合平面を導きだします。これにより現在の顎位の状態と本来の顎位との差が手に取って観ることが出来るようになります。治療計画を立てる際に欠かす事が出来ない重要な作業です。

また、自然に直立してもらった全身のデジカメ画像(正面感、側面感、背面観、頭部正面観、頭部側面観)を添付メールで送信して頂くことで、患者説明に威力を発揮する模型計測/顎位診断表を製作することが可能となります。

マウスガード、ホワイトニングトレーの製作
吸引加圧成型器モデルキャプチャー(松風)により生み出される、抜群の細部再現性は、他の追従を許しません。
 
 
 
 
歯冠修復
  機能的咬合面形態を与えたプロビショナルレストレーションの製作
包括的歯科臨床を提唱なされておられる筒井昌秀先生、筒井照子先生の咬合面形態を与えたプロビショナルレストレーションを装着することで予後の成績が大きく向上致します。将来発生するであろう下顎体のリモデリングをファイナルに移行する前に取り除いておくためにも歯冠形態を詰めておくことは欠かす事は出来ません。

天然歯と同等の硬度を持つハイブリットクラウンの製作
硬度の硬すぎるセラミックを口腔内に装着することに、対合歯保護の観点から個人的に疑問を抱かざるにはおれません。近年開発されましたハイブリットクラウンであるエステニアC&B(クラレ/岡山)は、レジン系とセラミック系歯冠修復物の利点を最大に活かすことができる理想的な材料であると思います。C&Bに進化した結果、メタルレスシングルクラウン、メタルレスブリッジ(1歯欠損のみ)にも対応が可能となり、VITAシエードによる色調再現性も大きく前進することができました。

鉤歯としての機能を備えたハイブリットクラウンの製作
キャストパーシャルデンチャーの設計はレストで決まります。レストの位置、大きさ、ガイディングプレーンの角度と形状、鉤先端部のアンダーカット量、など考慮することは多数あり、製作にあたっては一口腔一単位で観ることのできる力量とキャストプレート製作に対する深い理解と洞察が必要となります。
 
 
 
 
矯 正
 
  リラックスポジショニングスプリントの製作
筒井照子先生考案のリラックスポジションに下顎を保持するための装置です。フラップなしとフラップありが任意に選択できます。

スタビリゼーションスプリントの製作
上顎臼歯部をフラットにすることで顎位を模索する装置です。

機能的咬合面形態を持つスプリントの製作
この装置を装着することで食事中もスプリントをはずす必要がなくなります。

床拡大装置・ 保定装置・ FKO
抜群の把持力により矯正治療がスムーズに行えます。ただし装着時における口腔内での微調整が必要です。

アライナーを用いた矯正システム
ワイヤーとブラケットが不要な矯正法。「見えない矯正」として今、人気を集めています。
 
 
 
 
 
ページTOPへ
 

| 高機能義歯/高機能デンチャー専門ラボDENTICホーム |
事業紹介咬合療法サービス義歯症例紹介 | リンク | ブログお問い合わせ |

 
Copyright (C) 2005 DENTIC All Rights Reserved.